ふらふらゲーム備忘録

Hearthstoneで気付いたことをつらつらと。Hyura#1439。

Hearthstoneを自分なりに紹介

Hearthstoneを自分なりに紹介します!!

レジェいったことないから大目に見てね

概要

ターン制のゲームです。

毎ターン支給される「マナ」という資源を相手より上手に運用して相手の「ヒーローの体力」を30から0にするゲームです。

マナの使い道は

  1. カードに書かれてるマナコストを払い、効果を発動する

  2. 2マナ払い、ヒーロー特有の「ヒーローパワー」という効果を発動する

の2つです。

nターン目にはnマナが支給され、使わなかったマナはなくなります。

マナコストとアドバンテージの量はだいたい比例しているので、

「いかにマナを効率よくアドバンテージに変換するか」と「いかにマナを無駄にせず使うか」が勝敗を分けます。

マナをアドバンテージに変換するために

重要なのは「ミニオン」カードです。

ミニオンカードは使うことでマナをボード上のミニオンに変換できます。

ボード上のミニオンを消すために相手は、

  1. 呪文カードを使う

  2. 自分のボード上のミニオンと相殺する

のどちらかを選択する必要があります。

1では私がミニオンを出した次のターンに相手が「マナ」を同じだけ消費する必要があります。

2では前のターンに相手が同じくらいの量の「マナ」を変換して召喚したミニオンを消費する必要があります。

つまり、ミニオンを出して得たアドバンテージは同量のマナ消費を相手に課すということです。

相手がこれに対応できなくなった途端、自軍のミニオンが一斉に相手のヒーローへ襲い掛かります。 なので、アドバンテージの取り合いが大事なのです。

マナを無駄にせず使うために

マナを無駄にせず使うために重要なのは、「手札」です。

2ターン目から7ターン目までマナをなるべく多く使うためのカードが手札にあることが大事です。 (ただし、アドバンテージをとれるカードを使うことも大事です。 2ターン目に3ダメージを与える呪文を相手ヒーローにめがけて打つことは殆どのゲームプランではアドバンテージにつながりません。)

2ターン目に2マナ1/2のミニオンを召喚

3ターン目に3マナ3/2の武器を装備

4ターン目に4マナ4/3のミニオンを召喚し、そのミニオンの効果でさっき出した1/2のミニオンが3/4に

5ターン目に3マナ5点の呪文を使い相手のミニオンを除去し、2マナで1/2のミニオンを召喚

6ターン目に4マナの4/3のミニオンを召喚し、2マナの秘策呪文を使う

というように毎ターン、全てのマナをアドバンテージに変換すれば、とても強い盤面ができあがります。

マナを全て使い切るには、デッキにいろんなマナコストのカードが入ってることが大事。 デッキに2~4マナをしっかり入れておけば2~4ターン目に困らないし、5ターン目までには(先攻なら)11枚のカードを引くわけですから5マナのカードは少々入れておけば手札にちゃんと来ます。 例えば1マナしか入ってなかったら手札が足りなくなっちゃうので、重いカードもバランスよくカードを入れましょう。

手札にナップザック問題を解けるだけの枚数のカードがあることも大事。 先手が1ターン目を見逃すと手札は4枚。4枚あれば大抵マナは使いきれます。

手札は沢山あるとマナを使い切れますが、多すぎてもそれに比例してはアドバンテージはとれません。 ドローにもマナコストがかかるので、ドローは「そのマナを使って得るはずだったアドバンテージ」と「手札の多さを活かして得られるアドバンテージ」を天秤にかけて考えるといいですね。

アドバンテージを持っているといいことが

アドバンテージを持っていると、いろんないいことがあります。

  1. アドバンテージをさらにとれる。(ミニオンの有利な交換がしやすくなる。補助役のミニオンが活躍できる。)

  2. ヒーローの体力がじわじわと有利になる。

まとめ(あのね途中でなにかきたかったか忘れた。。。ごめんよ。。。)

Hearthstoneはマナ資源をうまく使うゲーム。

勝つには、マナをたくさん使うことが大事。

たくさん使うには、手札の多さ、多様さが大事。