読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらふらゲーム備忘録

Hearthstoneで気付いたことをつらつらと。Hyura#1439。

ハンターの秘策チートシート

f:id:nikeeshi:20160104003953p:plain

ハンターの秘策

チートシートを片手にハンターの秘策を推理しましょう!

ハンターの秘策は追加コンテンツの探険同盟(LoE)が出て7種類となりました。

f:id:nikeeshi:20160103232158p:plain

7種類は多く感じますが、発動条件で分類すると分かりやすいです。

相手が秘策を使ってきたと思って解説をします。

攻撃関連(全5種類)

相手のヒーローを攻撃したとき発動(3種類)

相手のヒーローが攻撃されるときに発動する秘策は3つあります。

f:id:nikeeshi:20160103232612p:plain:h200f:id:nikeeshi:20160103232604p:plain:h200f:id:nikeeshi:20160103232608p:plain:h200

  • 相手ヒーローを攻撃対象にしたとき発動する「爆発の罠」。味方全体が2点喰らいます。
  • 実際に相手ヒーローを攻撃した場合、攻撃後に発動する「クマの罠」。3/3の挑発持ちの獣種族の熊が召喚されます。
  • 相手ヒーローを攻撃するときに(攻撃側が生きているとき)発動する「ミスディレクション」。ランダムで違うターゲットを攻撃させられます。

「爆発の罠」は体力を確実に2点削りたいときや、ボードを一掃したいときに貼ってきます。 「クマの罠」は序盤のボードをとりたいときや、終盤に一撃分の攻撃を防いで生き残りたいときに貼られます。他の罠の裏をかく効果もあります。 「クマの罠」はエフェクトが遅いので、攻撃後は少し待つようにしましょう。 「ミスディレクション」はめったにお目にかかれませんが、自軍の大きめのミニオン2体を相殺したり、一気にヒーローの体力を削るために貼ったりします。

相手のミニオンを攻撃したとき発動(1種類)

f:id:nikeeshi:20160103233447p:plain:h250

「ヘビの罠」は獣種族のヘビ1/1を3体召喚する効果です。 「ナイフジャグラー」が盤面にいるときに発動すると3本ナイフが飛んでくるので注意。そういう時は呪文で「ナイフジャグラー」を除去してしまうのも選択肢の一つです。

自分ミニオンが攻撃したとき発動(1種類)

f:id:nikeeshi:20160103233451p:plain:h250

「凍結の罠」はミニオンが攻撃時に手札に戻されコストが(2)あがる効果です。 展開の速いハンターにとって、相手の面倒くさいミニオンが手札に戻るのはとても喜ばしいことなので、 「挑発」持ちを出してるときに秘策が貼られたらまずこれを警戒しましょう。

強い雄叫びを持っているミニオンや小さいミニオンから先に行動するとよいです。

カードからミニオン召喚時(1種類)

f:id:nikeeshi:20160103233731p:plain:h250

「狙撃」はミニオンをカードから召喚したときに発動し、そのミニオンに4ダメージを与える効果を持ちます。 めったに見ないので、警戒はせず喰らったら事故だと思うようにしましょう。

ちなみに、ヒーローパワーで1/1を召喚したり、呪文の効果でミニオンを召喚しても秘策は発動しないので、チェックの際はご注意を。

ヒーローパワー使用時(1種類)

f:id:nikeeshi:20160103233740p:plain:h250

「ダーツの罠」はヒーローパワーを使ったときに発動し、ランダムな味方キャラクターが5ダメージを喰らいます。 他の秘策をチェックして当てはまらなかったら、ヒーローパワーを触らないようにしましょう。 とはいってもヒーローパワーは元から触らないでしょうし、ヒーローパワー禁止になってもたいしてきつくないので、まずお目にかかれません。

まめちしき

複数の秘策の発動条件を同時に満たしたときは先に張った秘策から発動されます。 これを覚えておくと、例えば凍結、爆発の順に張るより爆発、凍結の順の方が強いことがわかりますね。

おわりに

探険同盟(LoE)が出てから秘策が一枚増えたので記事を更新しました。 パラディンの秘策チートシートがないのは、まあシークレットパラディンデッキと闘えば覚えるでしょ?って理由です。(怠慢)