読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらふらゲーム備忘録

Hearthstoneで気付いたことをつらつらと。Hyura#1439。

先出しと後出しの話

最近ハースストーンでミニオンとスペルは明確にちがうなということがわかってきたのでその話をしたいと思います。

人によったらゲーム始めてすぐ気付くことなんでしょうけど、鈍いもので。。。

先出しと後出し

先出しは先に使って後から敵が使ったカードと交換するように使うカードのことです。

先払いは効力を得るより1ターン以上先にコストを払って使うカードのことです。

Chillwind Yeti君を思い浮かべましょう。 4マナ支払って次の相手のターンに同じく4マナ払って出してきたミニオンと次の自分のターンに交換ができます。 f:id:nikeeshi:20160120145311p:plain

イエティは相手のミニオンより先に出しておくと効力を十分に発揮できます。 イエティは4ターン目に4マナ払ってカードを使うと、1ターン後に効力を発揮できます。

イエティは「先出し」「先払い」カードです。

後出しは敵の使ったカードを見てからそのカードと交換するように使うカードのことです。 後払いはコストを払ってすぐメリットを得るカードのことです。 じゃんけんで相手の手をみてから後出しをするイメージです。

Fireballというスペルを考えてください。

前のターンに相手が出した4マナのミニオンに対して、自分のターンに4マナ払って交換ができます。 f:id:nikeeshi:20160120162515p:plain

ファイアボールは相手が大きいミニオンを出すのを見てから使うことが出来ます。 ファイアボールは4ターン目に4マナ払ってすぐ効力を発揮できます。

ファイアボールは「後出し」「後払い」カードです。

それぞれの特徴

先出しカードはいろんな状況に対応できます。アドバンテージを得るのに必要です。 手札で腐っていても意味がないカードです。 ほとんどのミニオンミニオンを展開するスペルなどが当てはまります。

後出しカードは使える状況が限られますが、盤面をひっくり返すことができます。しかし、アドバンテージを得るのは苦手です。 手札に持ってることに意味があるカードです。 ダメージスペル、突撃ミニオンなどが当てはまります。 ほとんどの後出しカードはクラスカードに属します。

武器、雄叫びもちのミニオン、挑発ミニオンは先出しと後出しの中間でしょう。

基本的には先出しと先払いは対応しています。 特殊な例ですが、 オーバーロード付きのミニオン、ヒーローの体力をコストにするミニオン、デメリット断末魔ミニオンは「先出し」「後払い」。 ドロースペルは「後出し」「先払い」であるといえるでしょう。

まとめ

カードの特徴をつかむための分類の一つとして「先出し」「後出し」をつかってみてはいかがでしょうか。

以降は例になります。

例1

J4CKIECHANさんの作ったエッグドルイドです。最近気に入ってめっちゃ使ってます。

場に残りやすいミニオンや数体になるミニオンとバフカードを使って盤面をとり続け、一気にバーストするデッキです。

f:id:nikeeshi:20160120173153p:plain

これに入ってるカードを分類してみましょう。

先出し先払い

生きている根

サー・フィンレー・マルグルトン

ドラゴンの卵

ネルビアンの卵

反響ウーズ

呪われた蜘蛛

騎乗用ラプター

ジーヴス

ちょっと後出し後払い

鬼軍曹

野生の力

野生の紋章

獰猛な咆哮

森の魂

アルガスの守護者

カルトの教祖

その他(先出し後払い?)

練気

例1のまとめ

アグロデッキだと先出しカードの割合が多くなります。

先に出した呪われた蜘蛛に鬼軍曹でバフをして戦闘なんていう動きができるのは、先出しと後出しがバランスよく入ってるからですね。

例2

僕がTGTの頃にちょっとつかってたテンポメイジです。

フレイムウェイカー周りのシナジーを活かして盤面を一気に取り返すのが得意なデッキです。

f:id:nikeeshi:20160120180151p:plain

これも同じように分類しましょう。

先出し先払い

ミラーイメージ

マナ・ワーム

マッドサイエンティスト

魔法使いの弟子

鏡の住民

フレイムウェイカー

ウォーター・エレメンタル

後出し後払い

魔力の矢

フレイムキャノン

フロストボルト

ファイアーボール

フレイムストライク

ドロー(2~3ターン分先払い)

不安定なポータル

魔力なる知性

複合型(分割払い)

アジュア・ドレイク

ネクサスの勇者サラード

大魔術師アントニダス

ローニン

例2のまとめ

メイジの特徴として強力な後出しのカードがたくさんあります。デッキの中にも含まれていますね。

また、大きいミニオンは使うと新たにマナの使い道ができるものがあります。 アントニダスはマナコストが7マナですが、ファーアーボールをドローし後のターンでさらに4マナ支払って使うことができるので、先払いと超先払いの分割払いといったところでしょうか。

対照的に大きいミニオンのなかで純粋な先払いのミニオンドクター・ブーム です。

どうでしょうか、「先出し」「先払い」「後出し」「後払い」の言葉を使うとわかりやすく説明できそうな気がしませんか?